恐怖症を克服するには?

児童の対人恐怖症などについて

対人恐怖症についての考察サイト

HOME » 思春期の対人恐怖症対策 » 恐怖症を克服するには?

児童が恐怖症を克服して自信をつける方法を紹介しています。

成績不振で恐怖症になり不登校となった子供が勉強で自信を持つ為には?

勉強ができなくて学校恐怖症になった子供に、親ができることは自宅に学習できる、最適な環境を設けることです。最初のうちは無理に学校に行かせようとするのではなく、子供のペースで勉強の弱点を克服することを目指したほうがいいでしょう。

学校の授業は、生徒の習熟度を無視してどんどん進んでいきます。ですので、勉強がわからなくなった子供を無理に学校に行かせても問題解決は難しいのです。

自宅で勉強に最適な環境を構築する方法は以下の通り。

  • 勉強に集中できる静かで机しかない部屋を確保する。
  • 学校でやっているような時間割りをつくり、計画的に学習をさせる。
  • 子供の生活リズムを一定にして、規則正しい生活をさせる。
  • 気分転換の時間はしっかりと確保させて。勉強と遊びのメリハリをつける。

このように、勉強しやすい環境を作ってあげることで、自宅でも十分学習することはできます。また、家庭教師を雇って子供の話し相手や学習のサポートをお願いするのも一つの方法です。

子供が対人関係に自信持つ為には?

対人関係に恐怖感を持っている子供に、無理に人と付き合わせようと考えるのは逆効果です子供に対して親ができることは、逃げ場を作ってあげること!まずはこれが先決です。

対人恐怖症の子供にとって、唯一の安心できる場所というのは家庭でしかありません。この逃げ場を失った子供は、過大なストレスを感じてしまい、うつ病や自殺を招いてしまうことだってあります。

まずは避難場所を確保してあげること!気持ちを落ち着ける家庭を保っておく事が大事です。

子供がスポーツの挫折を克服する為には?

スポーツで挫折してしまい、やる気をなくした子供に親ができることとは?

スポーツは勝ち負けがはっきりあらわれる分野です。そのため、がんばってもがんばってもいい結果を残せずに、強烈な挫折感を味わう子供も多くいます。

子供が挫折を初めて味わうと、自分が徹底的に否定された気分になり、強烈なネガティブ思考に陥ることもあります。「自分は何をやってもだめだ・・・」子供が自分に対して、強い劣等感を持つようになるのは親として防がなければなりません。

親が出来るサポートは、その挫折を乗り越れるように、話や愚痴を聞いてあげること。「あなたは出来る子」と持ち上げるのではなく、なぜ結果が悪かったのかを聞いてあげること。

そして、具体的な対策を提案して、子供のやる気を促すことが大事です。

対人恐怖症による不登校対策一覧

人間関係の悩みをなくすには?
友人関係、人間関係関係を円滑にして、学校を楽しく過ごせるようになるためには?
良い友達関係を構築するには?
学校で良好な人間関係を築く為にはどうすればいいのかを紹介。
 
対人恐怖症を治療するには?
対人恐怖症に悩む不登校児童の治療法・解決法とは!?
恐怖症を克服するには?
恐怖症を克服して、児童が自信を取り戻す方法とは?
 
対人恐怖症に向く就職先とは?
対人恐怖症の子供が無事就職するためには!?社会に出る前の準備、インターンシップ制度とは
 
 
対人恐怖症についての考察サイト