対人恐怖症に向く就職先とは?

児童の対人恐怖症などについて

対人恐怖症についての考察サイト

HOME » 思春期の対人恐怖症対策 » 対人恐怖症に向く就職先とは?

ここでは、対人恐怖症の子供が無事就職するための方法について紹介しています。

対人恐怖症児童の進路について

「対人恐怖症」に悩む児童の進路や就職はどのように考えたらよいのでしょうか?

高校3年生になると、そろそろ進路について考えていかなければなりません。大学へ進学するのではなく、就職の道を選ぶ子供もいると思います。しかし、学校と同じく社会でも、対人関係は円滑にしていかなければなりませんから、人付き合いが苦手な子供は、就職先を選ぶのに大変な苦労を伴います。

お給料をもらっているわけですから、社会に出ると、学校にいる時よりも周りからダイレクトな評価を受けます。学校は子供を守ってくれますが、社会に出ると、自分のことは自分で守らなくてはなりません。

対人恐怖症に悩む子供が社会人になるのは、思ったよりも大変なんですね。

対人恐怖症の子供に向いている就職先はあるのか?

対人恐怖症に悩む子供でも、就職先はあるにはあるでしょう。人とコミュニケーションをあまりとらない、黙々と作業をこなすような仕事。もしくは、子供に何か技術があるのなら、技術者を目指す事もありです。

ただ、選択の余地が限りなく少なくなってしまいますし、人とまったく会話を交わす必要のない仕事はありません。これは断言できます。

できることなら将来的なことを考えて、選択肢が広がるように対人恐怖症を克服する必要があります。

すべての子どもに寄り添いながら問題を解決するという家庭教師のトライ

部活や友達関係のことまで相談できる家庭教師トライの公式HPはこちら

就職に向けて準備できることとは?インターンシップ制度を活用

企業の中にはインターンシップ制度を設けているところがあります。

インターンシップ制度とは、いわばその企業で本格的な就業体験をおこなうこと。制度には、長いものなら1年以上、短いものなら学校が長期の休み(夏休み)の時に体験で就職活動が可能です。

これをおこなうことで、仕事の基礎を学ぶことができ、子供の社会性を養うことができます。また、他のインターンシップ生との交流ももてますので、メリットは大きいでしょう。

学校を卒業してすぐに就職するのは、環境の変化が激しすぎて、対人恐怖症の子供にはきついです。

まずは、子供に社会でのお仕事をわからせて、慣れさせることが大事ですね。

対人恐怖症による不登校対策一覧

人間関係の悩みをなくすには?
友人関係、人間関係関係を円滑にして、学校を楽しく過ごせるようになるためには?
良い友達関係を構築するには?
学校で良好な人間関係を築く為にはどうすればいいのかを紹介。
 
対人恐怖症を治療するには?
対人恐怖症に悩む不登校児童の治療法・解決法とは!?
恐怖症を克服するには?
恐怖症を克服して、児童が自信を取り戻す方法とは?
 
対人恐怖症に向く就職先とは?
対人恐怖症の子供が無事就職するためには!?社会に出る前の準備、インターンシップ制度とは
 
 
対人恐怖症についての考察サイト