良い人間関係を構築するには?

児童の対人恐怖症などについて

対人恐怖症についての考察サイト

HOME » 思春期の対人恐怖症対策 » 良い人間関係を構築するには?

ここでは、学校での人間関係を良好にする方法について紹介しています。

学校内の人間関係について①嫌いな人には近づくな?

人を選んで付き合うのは良くないことかもしれませんが、時には嫌いな人を避けることも必要です。

自分にとって苦手なタイプの人間とは、無理に付き合わなくてもいいんです。思春期のお子様は、多感な時期ですので、そういう人と無理に仲良くなろうとすると、ストレスも大きいでしょう。

まずは、自身の性格に近いタイプの人間に対して、少しずつ距離を縮めてみるのがいいです。

学校内の人間関係について②友達がいない、悩み相談の相手が見つからない

自身の悩みを打ち明ける相手を見つけるには、まず相手の悩みを聞ける立場になることです。「聞き上手は話し上手」という言葉があるように、相手の話を聞くことが人間関係を構築するためには大事なこと。

聞き上手の子供には、たくさんの友達が集まります。

話がおもしろいよりもむしろ重要なことなんですね。相手の話にあいづちを打つだけでも、人間関係を良好に保つ手段になります。無理に自分が友達をつくるために、おもしろくなる必要はありません。

そこで、ご家庭でできることは何かというと…、
子供の主張ばかりを聞くのではなく、親の話を座って聞かせることです。

そうすることで、人の話を上手に聞く術を子供が覚えます。

学校内の人間関係について③本当にいい友達とは?

いい友達の定義とはなんなのでしょう?

  • 損得勘定がなく付き合いができる
  • 自分の悩み相談付き合ってくれる
  • 自分が間違った道に進もうとしたら止めてくれる
  • 一緒に遊んでいて楽しい

子供によって「友達」という価値観には違いがあるでしょう。ですが、上記の条件には多少なりとも打算が含まれています。

本当にいい友達とは、いわば「くされ縁」というものではないでしょうか?

  • なんとなくずっと一緒にいる
  • 嫌いな面が多いのになぜかつるんでしまう

こういう相手とは、出会ってからずっと友達でいることが多いです。本能的に「しっくりくる」という相手が、本当にいい友達なのかもしれません。

対人恐怖症による不登校対策一覧

人間関係の悩みをなくすには?
友人関係、人間関係関係を円滑にして、学校を楽しく過ごせるようになるためには?
良い友達関係を構築するには?
学校で良好な人間関係を築く為にはどうすればいいのかを紹介。
 
対人恐怖症を治療するには?
対人恐怖症に悩む不登校児童の治療法・解決法とは!?
恐怖症を克服するには?
恐怖症を克服して、児童が自信を取り戻す方法とは?
 
対人恐怖症に向く就職先とは?
対人恐怖症の子供が無事就職するためには!?社会に出る前の準備、インターンシップ制度とは
 
 
対人恐怖症についての考察サイト