友人関係 対人関係の悩みをなくすには?

児童の対人恐怖症などについて

対人恐怖症についての考察サイト

HOME » 思春期の対人恐怖症対策 » 対人関係の悩みをなくすには?

ここでは、児童が対人関係を円滑にし、学校生活を出来るだけ楽しくする解決策を紹介しています。

友達関係、人間関係が苦手…克服するためには?

「案ずるがより産むが易し」
意味:考えて悩んでばかりいるよりも、実際にやってみたら、それほど難しいことではなかったということ。

対人関係を円滑にするためには、あれこれ考えるよりも、人と意見をぶつけ合ってみることです!

お互いが腹を見せ合うことで、案外いいやつだったりして、誰よりも仲良くなれることもあります。勇気を持って人に接することで意外にいい結果が生まれたりするものなのです。

学校での目に見えない闘争

学校は、タイプが違った人間の集まる集合体です。

ある意味大人の会社よりも色々な生徒たちがいて、個性的な人間が集まるるつぼだといえます。

「人に合わす」ということが苦手な子供は、その「集合体」の中にもたくさんいるでしょう。この年頃の子供は、他人と意見が衝突することを避けるのができず、不器用に振舞ってしまう事が多いです。

そのため、生徒同士のケンカも起こりやすいのですが、ケンカができる子供はそれほど問題ではありません。問題なのは、他人との衝突を避けて通ろうとする子供を、大人がそのままにしていることです。

他人との衝突を避けようとすることで、自己主張を抑える癖がついてしまいます。いつしかそれが深刻なストレスになるのです・・・。

対人関係の問題を解消するために子供がとるべき行動とは?

学校での対人関係がうまくいかない問題…。これを解消しようとする子供の行動には、以下の2通りの方法があります。

  • 衝突を徹底的に避け、自分の殻に閉じこもる。
  • 問題と正面から向き合い、相手の意見を聞きながら、自分の意見も主張しようとする。

前者のほうが後者よりも圧倒的に簡単です。

しかし、楽な方に進むよりも、より厳しい方を目指したほうが、後々プラスになるんですね。なぜならば、厳しい方というのは、自分にとって未知の部分を経験することだからです。

「苦境をいかに利用して自分の力に変えられるか?」大人はがんばる子供たちを、精一杯サポートする必要がありますね。

対人恐怖症による不登校対策一覧

人間関係の悩みをなくすには?
友人関係、人間関係関係を円滑にして、学校を楽しく過ごせるようになるためには?
良い友達関係を構築するには?
学校で良好な人間関係を築く為にはどうすればいいのかを紹介。
 
対人恐怖症を治療するには?
対人恐怖症に悩む不登校児童の治療法・解決法とは!?
恐怖症を克服するには?
恐怖症を克服して、児童が自信を取り戻す方法とは?
 
対人恐怖症に向く就職先とは?
対人恐怖症の子供が無事就職するためには!?社会に出る前の準備、インターンシップ制度とは
 
 
対人恐怖症についての考察サイト