対人恐怖症を治療するには?

児童の対人恐怖症などについて

対人恐怖症についての考察サイト

HOME » 思春期の対人恐怖症対策 » 対人恐怖症を治療するには?

不登校になった子供が対人恐怖症を治療し、勉強の遅れを取り戻して学校復帰を目指す為にどうしたらいいのかを紹介しています。

成績不振を改善するために対人恐怖症を治療する必要がある

「対人恐怖症」を治療することで不登校は解決できる?

対人恐怖症は学力不振を招きます。対人恐怖症になると、人と接する必要性がある場所にいることだけでも苦痛になります。そのため、会社や学校にいけなくなり、ひきこもりになってしまうのです。

特に学生の場合、学校を休みがちになると、学業が大幅に遅れてしまい、勉強がわからなくなります。

他の人と会話をしてもギクシャクしてしまう・・・だから親しい友達ができにくかった。
グループの中に入ることができない・・・だから学校では常に一人で行動していた。
、となると…
他の生徒とうまく協調する事ができずにひきこもり(不登校)に。
ひきこもり(不登校)になることで学校の勉強が大幅に遅れてしまい、
さらには勉強が遅れることでますます学校に行きにくくなり、
学業に対するモチベーションが、一層低下するという悪循環を招いてしまいます。

つまり対人恐怖症と学力不振は連動しているのです。

自宅で勉強の遅れを取り戻す方法とは?

対人恐怖症により、どうしても学校にいくことができないのであれば、自宅に勉強するための環境を作るしかありません。ですが、自宅は誘惑が多く、勉強をサボりやすい環境ですので、子供に独学で勉強をやらせていても、多くの場合失敗に終わる事が多いのです。

自宅で勉強がすすむ理想的な学習環境は、以下の通り。

・教室
勉強専用の部屋を設けて、そこにはTVや雑誌などの誘惑になるようなものを置かない。
・時間割
子供の勉強スケジュールがきっちり決められている。メリハリをつける。
・先生
わからない問題に対して教えてくれる人がいる。

つまり、勉強する環境が整っている「学校」を自宅に作ってあげるということ!

引きこもり、不登校のお子様をサポートする家庭教師トライの公式HPはこちら

子供にとって家は一番安心できる場所ではありますが、その分甘えも出てしまう環境です。また、勉強で成果を挙げるために大事なことは、基礎学力をしっかりと身につけること。

学校に通っている生徒に遅れをとらない、大学受験を見据えて安定した高い学力を身につけるためには、この基礎学力の定着がかかせません。なぜならば、基礎学力が定着していないと応用力がありませんので、進級するたびの難しくなった学習内容の問題がとけず、成績が伸び悩みます。

子供の甘えを払拭し、基礎学力を磨く勉強をしっかりと実践するには、学校の先生の代わりになる指導者の存在がかかせません。

指導者は本来、やはり親や、専門のカウンセラーが望ましいですね。
あまり第三者に任せてしまうと、場合によっては良くないことも起こりますので注意が必要です。

例えば、家庭教師学習の場合
(あくまでも一例です。家庭教師以外にも有効な対策は多くあります)

・モチベーションが上がりやすい時間帯を意識して勉強する
朝が一番脳が活発になりやすい時間帯です。やる気が出やすい時間帯に勉強することで、学習効率が大幅に上がるそうです。
・自分が苦手な問題や間違った問題は繰り返し解く
1日に3回脳が活発になるタイミングで復習をおこなうことで、記憶に定着しやすいそうです。
・志望校合格のための情報を収集する
受験先の入試出題傾向を調べることはとても重要です。それにより綿密な対策をとることができ、要点を絞った学習ができます。

引きこもり、不登校のお子様をサポートする家庭教師トライの公式HPはこちら

対人恐怖症による不登校対策一覧

人間関係の悩みをなくすには?
友人関係、人間関係関係を円滑にして、学校を楽しく過ごせるようになるためには?
良い友達関係を構築するには?
学校で良好な人間関係を築く為にはどうすればいいのかを紹介。
 
対人恐怖症を治療するには?
対人恐怖症に悩む不登校児童の治療法・解決法とは!?
恐怖症を克服するには?
恐怖症を克服して、児童が自信を取り戻す方法とは?
 
対人恐怖症に向く就職先とは?
対人恐怖症の子供が無事就職するためには!?社会に出る前の準備、インターンシップ制度とは
 
 
対人恐怖症についての考察サイト