男性恐怖症

児童の対人恐怖症などについて

対人恐怖症についての考察サイト

HOME » 対人恐怖症の種類と克服法 » 男性恐怖症

ここでは男性恐怖症になる原因を説明するとともに、症状の改善方法を紹介しています。

「男性恐怖症」の症状

男性恐怖症は、男性に対しての苦手意識や気恐怖心から来る緊張症です。男性を前にして、過度に緊張してうまく話せなかったり、行動がぎこちなくなるのが一般的。

異性を意識しやすい思春期の時期にもっとも多くみられ、赤面して顔が赤くなる場合もあります。結婚直前の女性の中にも、男性恐怖症が発症するケースがあるようです。

男性恐怖症は過去のトラウマが原因!?

男性恐怖症は、男性に対してトラウマになるような出来事を経験した過去が、起因となる事が多いです。自分の記憶の中に、無意識に刷り込まれた過去の出来事に体が反応し、過剰な嫌悪感や恐怖心が生まれてしまった状態です。

  • 男性に告白をして酷い振られ方をした
  • 過去の付き合っていた男性からDVを受けていた
  • 父親から虐待を受けていた

いわば、男性恐怖症は、本能が自分自身の心を守ろうと反応している状態だといえます。

男性恐怖症の改善法

男性恐怖症は、心の傷を残すほどの過去が起因して発症するケースが多いものですが、思春期では感情の起伏が激しくなり自意識が過剰になることで、異性からの視線を気にしすぎてこの症状が軽めにあらわれることもあります。

このようなケースは、ほとんどの人が経験することでもあるので、男性とのコミュニケーションに免疫つけるなど、訓練次第で改善することができます。(※あくまで軽い症状の場合の解決法です。)

男性と1対1でのコミュニケーションがどうしても無理ならば、多人数で接するのもいいでしょう。

無理に会話をしようとせず、最初はコミュニケーションの場に参加するだけのつもりで、自分の心をトレーニングしてみる。慣れてきたら段々と距離を近くすればいいのです。

こうやってメンタル訓練をおこなうことで、男性の視線・しぐさに見慣れることができ、緊張が薄くなり恐怖心が段々と消えていきます。

最初は怖いかもしれませんが、知らない間に少しずつ改善されていくでしょう。

対人恐怖症の種類と症状はコチラ

 
対人恐怖症についての考察サイト